駆除へのイメージ

イタチ駆除が必要とされる都市部の現状

「イタチ駆除」というと、山間部の農村地帯で行われるものと言うイメージがあります。しかし、近年では住宅が広がる都市部においても、イタチ駆除が依頼されるケースが増加傾向にあると言われています。イタチが都市部にも頻繁に姿を現すようになった理由は複数考えられていますが、餌を求めて山間部から住宅街へやってくるケースも多くなります。イタチというと、ペットとしても知名度が高いフェレットをイメージする人も多いでしょう。しかし、野生のイタチは人に危害を及ぼす可能性もあるので、十分な注意が必要になります。イタチ駆除を行うには、特別な許可を得る必要があることから、一般の人では難しく、専門の業者に依頼するケースが多くなります。

イタチの具体的な捕獲方法

イタチ駆除を専門に行う業者が取る対策としては幾つかありますが、一般的によく用いられる方法としては、棲みついた場所から何らかの方法で追い出し、清掃後に侵入経路を塞ぐものになります。「清掃」というとピンと来ないかもしれませんが、イタチは住宅の屋根裏に棲みつくケースが多く見受けられ、糞尿やそれに伴いダニやノミなどが発生し、時にはアレルギーを引き起こす遠因ともなりかねません。そのため、害獣が棲みついた際には、入念な清掃と消毒が必要不可欠と言えます。棲みついたイタチを追い出す方法ですが、燻製式の忌避剤を用いられるケースが多くなります。また、檻やカゴによる罠を仕掛けて捕獲する方法も、よく見受けることが出来ます。