環境による変化

最近街でも見かけるようになったイタチ

イタチは、昔は野山でしか見かけなかった動物ですが、最近では自然環境の変化から街で見かけることも増えています。天井裏から音がしたり、獣臭い臭いがするので調べてみたところ、イタチが侵入していたという例は多いのです。特に4月から6月にかけてイタチが出産のために天井に侵入する例が増えています。イタチは、ほんの少しの隙間から簡単に侵入してしまいます。現在の日本の家屋は、断熱材を使っていることが多く、断熱材は温暖なのでイタチの巣に最適なのです。子供が生まれると騒がしくなるので、子供が走り回るようになる前にイタチ駆除をした方がいいです。また、街中に餌が豊富にあることに気がついたイタチが、ごみ置き場で発見されるケースもあります。街での被害が深刻になる前に、イタチ駆除などの対策を考えることが必要となっています。

動物の気配を感じたらすぐに専門業者に連絡することが大事

イタチ被害に困り、素人判断でイタチ駆除をする人もいますが、一時的に効果があったとしても、長い目で見ると逆効果だったケースも多いです。イタチは、一度侵入すると毎年侵入する傾向があるので、追い出したら侵入口をしっかりと塞ぐことが大事です。イタチ駆除の専門業者であれば、イタチの侵入口を特定し、駆除し、駆除した後の消毒や清掃までしてくれます。イタチの駆除は、素人が勝手に判断して行うと危険です。ですから、家の中にイタチが生息していると感じたら、すぐに専門業者に連絡して調査してもらうことが大切です。専門業者にイタチ駆除の依頼をすれば、駆除を行った後も定期的な点検をしてくれるなど、アフターフォローが万全なので将来的にも安心です。